車のこと

中古車選びはグーネットとカーセンサー!おすすめの理由と注意すべき2つのポイント紹介

たい平
たい平
こんにちは元ディーラーのたい平です。

車を購入する際、新車にするか中古車にするかという選択があると思います。

ふく子
ふく子
中古車は前の持ち主がどんな乗り方をしてたとか分からないから怖いな〜

正しい知識があれば中古車でも全然怖くないんです。こちらの記事では、元ディーラーならではの中古車の選び方と、気をつけるポイントをご紹介していきたいと思います。

また、愛車を中古車として高く売るポイントをまとめた記事もありますので興味がある方はこちらをご覧ください。

【元ディーラーが暴露】車を買い替える方必見!!中古査定でこのワードを言うだけ!車をより高く売る裏ワザこんにちは元外車ディーラーのたい平です。 車を買い替える際に、ご自分の愛車を出来るだけ高く売りたいですよね? 下取りまで全てディ...

中古車選びは【グーネット】か【カーセンサー】がおすすめ

最近ではインターネットで調べれば色々な中古車販売サイトが出てきますよね!
その中で私のおすすめは、【グーネット】と【カーセンサー】です。

グーネット公式ホームページ

カーセンサー公式ホームページ

4つのおすすめポイント

  1. 検索のし易さ
  2. 登録会社の多さ(扱っている車種の多さ)
  3. ビッグネームである
  4. グーネットは[グー鑑定車]、カーセンサーは[カーセンサー認定車]という、
    特別な検査を受けた車両を販売している

グー鑑定車、カーセンサー認定車とは

私が勤めていた外車のディーラーでも、中古車をグーネットに掲載していました。
その中で特に状態が良い車に関しては、グー鑑定の依頼を出します。
そうすると第三者機関による細かいチェックが行われ、星の数で車の評価をされます。
グー鑑定を受けた車両は、グーネット上で、グー鑑定車マークが付きます。(カーセンサー認定車も同じです)

たい平
たい平
ネット上では、「グー鑑定信用できない」等の記事などがあります

確かに車は機械ですので、例えば鑑定をした時は良いと判断されても、
購入者の手元にきてすぐに不具合が生じることはあり得る話しで、止むを得ないことだと思います。

ですが、例えば事故車なのに修復歴なしで販売している車などは、素人目には全く判断がつかない場合がありますが、プロが見ればかなりの確率で見破ることができます。
そのような車を買わない為には、鑑定を受けている車はとても安心できると私は思います。

中古車は必ず自分の目で確認をすること

ネットで検索して気になった車は、その車を販売している会社まで見に行くのは必須です。
写真では確認できない小傷や、車内の汚れなどは近くで確認しないとわかりませんので、面倒でも実車を確認したほうがいいです。

もし気に入った車が、ちょっと行くのが無理なくらいの距離でしたら、さくっと諦める気持ちも大事です。ネットに掲載されている情報だけで購入するのは、本当におすすめしません。

試乗しよう

中古車だとしても普通に試乗させてくれます。むしろさせてくれなかったとしたら、その車(会社)はやめた方がいいです。
試乗をした時に確認するポイントが3つあります。

  1. 走行時エンジン等から異音はしていないか
    (変な音がしてると誰でもすぐにわかると思います)
  2. 走行時ハンドリングに違和感はないか
    (ハンドルを変にとられてしまったり、まっすぐ走りづらい等は危険です)
  3. 電動で動くものに不具合はないか
    (パワーウインドウ、ワイパー等々電動で動くもの全て)

走行に関することは、試乗しない限りわかりませんので、購入するか悩んでいる車は必ず試乗しましょう。

車選びで気をつけたほうがいい2つのポイント

  1. グレードの確認をしよう
  2. ナビは純正品が付いているか、社外品がついているか確認する
たい平
たい平
車選びを失敗しない為に、この2点は要チェック!

グレードの確認とは

同じ車、同じ年式、同じ走行距離だとしても、グレードによって車は全然値段が変わってきます。年式や距離が同じ車が2台あれば、安い方に目がいくと思います。

車種によって例えると、一番下のグレードにはフォグランプが無く、一つ上のグレードからはフォグランプがあるというのはよくあります。フォグランプは絶対に必要ないという方ならいいのですが、よく山の方へ旅行に行く方であれば、霧の中を走る時はフォグがあったほうがいいと思います。

あったほうが良かったをなくす為に、その車にはどういうグレードの種類があって、グレードによってどう装備が違うのかは確認しておいたほうがいいです。

ナビについて

その車に付いているナビが、社外品ならいいのですが、純正ナビがついている場合は少し考えたほうがいいと思います。純正ナビが付いている車は、後から社外ナビに変えることができない車が多いからです。

私の経験上、純正のナビはいまいちなものが多く感じます。(使いづらかったり、解像度があまりよくなかったり)

社外品のナビが付いている車であれば、同じサイズのナビであれば、また別のものに変えることができますので、できれば社外品のナビが付いている車をおすすめします。

要点まとめ

・ネットでは【カーセンサー】か【グーネット】を選ぶ
・お気に入りの車が見つかったら必ず試乗する
・グレードとナビは要チェック

まとめ

いかがでしたか。車は大きな買い物ですので、ポイントを知っておくだけでいい買い物が出来ますよ。グレードとナビに関しては、実際に私が中古車を購入した時に失敗した点ですので、こちらの記事を読んでいただいた方が、参考にしていただけると嬉しいです。

【元ディーラーが暴露】本当は教えたくない新車を安く買えちゃう6つのポイント 新車は出来る限り安く買いたいですよね!こちらの記事では、新車を出来る限り値引きしてもらう方法をご紹介します。 新車を購入す...
ABOUT ME
たい平
たい平
18歳で就職し、その後一念発起し23歳で美術大学進学。卒業後は介護系の営業職、外車ディーラーで務め、現在はグラフィックデザイナーという不思議な人生を送っております。今までの社会経験を元に、色々なお役立ち情報を綴りたいと思います。