車のこと

軽自動車を検討している方必見!おすすめポイントとリスクを考える

こんにちは元ディーラーのたい平(@taipei4644)です。

小さい車を買おうと思った時、コンパクトな乗用車にするか、軽自動車にするか、悩むポイントだと思います。
こちらの記事では、軽自動車のメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

中古車選びはグーネットとカーセンサー!おすすめの理由と注意すべき2つのポイント紹介 車を購入する際、新車にするか中古車にするかという選択があると思います。 正しい知識があれば中古車でも全然怖くないん...

軽自動車に乗るメリット

擦るリスクが低い

軽自動車は小さいから擦りづらいというのは当然ですが、最近の軽自動車は箱型のものが多く、擦るリスクが少なくなっています。

箱型の車は、ボディが窓と垂直になっているのが特徴で、車幅感覚が掴みやすいのと、車内から見た車の外側の視認性がとても良いためです。ボディ部分が窓より外側に広がれば広がるほど、死角が増え、車幅感覚がつかみ辛くなり、擦りやすくなります。

たい平
たい平
運転に自信がない人にはおすすめ

アイポイントが高い

これも最近の箱型の軽自動車の特徴ですが、運転席の目線の位置が、昔の軽自動車に比べて高い位置にくる車が多いです。
目線が高い方が、死角が減りますので、断然運転がしやすくなります。

燃費がいい

重い車を動かすためには、それだけの馬力と、燃料が必要になりますので、どうしても燃費が悪くなります。その点軽自動車は、基本的に重量が軽いので、燃費のいい車が多いです。

グーネットさんが燃費比較をした記事に飛べます。

2019年軽自動車の燃費ランキングはこちら

 

小回りがきく

車が転回する際に影響するのが、前輪と後輪の距離です。前輪と後輪の距離が遠いほど、転回の時に大回りになります。
軽自動車は車自体が小さいので、一般的な乗用車に比べて前後輪の距離が短いので、とても小回りがききます。
Uターンする時や、街での細い道などでは小回りがきくと凄く楽ですよね。

自動車税が安い

毎年5月に来る自動車税は、排気量で金額が決まります。
軽自動車の自家用車は10.800円に対し、一般的な乗用車(普通車)は、1500~2000CCの車が多いので、39.500円取られます。それに比べると軽自動車は3万円弱安いのでだいぶ差がありますね。

区分 通常の税額
乗用(5ナンバー)
自家用
10.800円
乗用(5ナンバー)
業務用
6.900円
貨物(4ナンバー)
自家用
5.000円
貨物(4ナンバー)
業務用
3.800円

 

車検費用が安い

車検に車を通す際に、絶対に支払わなければならない法定費用というものがあります。

  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 印紙代

それがこちらです。
自賠責保険と印紙代はそこまで大幅な金額の差はありませんが、重量税に関しては、軽自動車は7000円弱、普通乗用車は30000円前後と、大分金額の差があります。
車検費用が安いのは大きなメリットですよね。




軽自動車のデメリット

パワーの低い車が多い

軽自動車は排気量が少ないこともあり、ターボを積んでない限りパワーの低い車が多いです。
「別にスピード出さないからパワー要らないし」と思いがちですが、ある程度の速度を出すのに踏み込まないといけないのは、長距離の運転の時などは知らず知らず疲労が溜まっていきます。
特に高速道路を走ってる時などは、100キロも出せば中々のエンジン音になり、異様な不安感を感じたりもします。

ボディが薄い

軽自動車は、車の幅が170cmを超えてはならないという規定があります。その規定の中で、以下に室内空間を広くするかと言ったところで、必然的にボディの厚みが薄くなります。
ボディが薄いと、車外の雑音が車内に入りやすくなるのと、ボディに厚みがある車と比べて、事故の衝撃が乗っている人に伝わりやすくなります。
その為、大事故を起こした時の重症度が高くなる可能性があります。

大きな事故の時ピンチ

車の多くは、人が乗る部分と、それ以外の部分で硬さの違う鉄を使用しています。
人が乗っている部分は硬い鉄を使用し、衝撃を反発して人を守ります。
それ以外の部分は少し柔らかい鉄を使用し、事故の衝撃を吸収して、人が乗ってる所になるべく衝撃が来ないようにします。

なので、乗っている人からなるべく遠い距離に、ボディの外面があるほうが、大事故の時の生存確率が上がりやすいということになります。
軽自動車は小さい分、ボンネットも短く、リアも、サイドも乗ってる人に近い距離にある為、大きな大きな事故をしてしまうと、とてもピンチな状況になる可能性が高いです。

煽られることが多い

これは本当に腹立たしいことですが、小さいからでしょうか?軽自動車を煽る人が多いような気がします。私も軽自動車に乗っていた時期がありましたが、煽られることがとても多かったです。

まとめ

いかがでしたか?軽自動車は小回りがきいて、車の維持費も安い様々なメリットがありますが、同時にデメリットもあります。1番のメリットは維持費の安さで、1番のデメリットは、事故に対するボディの弱さかなと思います。

ライフスタイルに合わせての車選びが重要になってきますね。軽自動車かコンパクトカーか迷ってる方の参考にしてみてください。

また、新車選びのおすすめ記事はこちらをご覧ください。

【元ディーラーが暴露】本当は教えたくない新車を安く買えちゃう6つのポイント 新車は出来る限り安く買いたいですよね!こちらの記事では、新車を出来る限り値引きしてもらう方法をご紹介します。 新車を購入す...

 

ABOUT ME
たい平
たい平
18歳で就職し、その後一念発起し23歳で美術大学進学。卒業後は介護系の営業職、外車ディーラーで務め、現在はグラフィックデザイナーという不思議な人生を送っております。今までの社会経験を元に、色々なお役立ち情報を綴りたいと思います。