車のこと

元ディーラーがオススメする車の色は白と黒!ただし黒には要注意!

こんにちは元ディーラーのたい平(@taipei4644)です。

車を買う時に選択で悩むもののひとつとして、色選びがあると思います。
こちらの記事では、車の色選びについてお話ししたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ

・車の色にこだわりは無いが何色にするか悩んでいるという方
・売る時に高く売れる色を選びたい

高く売れる色とは

たい平
たい平
それはズバリ!白と黒です

白と黒のカラーは、車を手放す際に売りやすい&高く売れるんです。なぜ他の色に比べて高く売れるかと言うと、単純に1番人気の色だからです。
需要が多く、買取業者さんも売りやすいので、その他の色よりも高い金額を付けてくれるという訳です。

車を高く売りたい方必見の記事はこちら↓

【元ディーラーが暴露】車を買い替える方必見!!中古査定でこのワードを言うだけ!車をより高く売る裏ワザこんにちは元外車ディーラーのたい平です。 車を買い替える際に、ご自分の愛車を出来るだけ高く売りたいですよね? 下取りまで全てディ...

白と黒の良さ

当たり障りなく万人ウケするというのはもちろんですが、板金修理をすることになった時にメリットがあります。

塗装の色が作りやすい

板金屋さんは車を修理する際に、その車の色に合わせて塗料を調色します。
とても上手な板金屋さんだと、どんな色でもバッチリやってくれますが、少し下手な板金屋さんだと、とにかく調色が下手くそです。
そんな下手くそな板金屋さんでも、白と黒に関してはそこまで間違ったことにはならないので、修復の跡が分かりづらくなります。

部品が多い

車をぶつけてしまい、例えばバンパーを丸ごと交換しなくてはならないとなった時、ディーラーにお願いして新品と交換する場合は特に関係ありませんが、例えば修理業者さんに頼むと、中古の同じものを探したりもしてくれます。

白と黒の車は市場に出ている台数が多いので、部品が中古品で出回る確率も高くなります。ディーラーで新品に交換してもらうのと、キレイな中古品を探して交換してもらうのでは、価格が全然違うのです。中古品の方が圧倒的に安く済みます。




黒い車の落とし穴

選ぶなら白か黒とお伝えしてきましたが、実は黒にはウォータースポットが付きやすいというデメリットがあります。

ウォータースポットとは

雨の後、車のボディやガラスに付いた水滴が、太陽の光に当たることで、水玉レンズの効果を発揮して、高熱で塗装を腐食させてしまうことです。
これは一般的にどの色でも起こることですが、黒い車は他の色と比べて焦げ付きが段違いです。黒色の光を吸収しやすいという性質が、水滴のレンズ効果で、ボディを酷く焦がします。

ウォータースポットはとれるの?

たい平
たい平
1度つくと本当に取れにくい!

汚れが付着してるわけではなく、塗装を焦がしているからです。人間で言うところの火傷ですので、お風呂に入ったくらいでは取れません。

基本的にはコンパウンドといった研磨剤で磨いて、取れるか取れないかくらいです。
あまりに酷くなった場合には、車の磨き業者さんにお願いして取ってもらう方がいいと思います。

ウォータースポット対策

ガレージや、屋根付きの駐車場に保管するのが1番の対策ですが、そうもいかないですよね。

  1. 雨が降ったら車を拭く
  2. 晴れの日に水滴が付いた状態で放置しない

というのが1番の対策です。少し面倒ですが、これでだいぶ変わってきますよ。

まとめ

黒い車はウォータスポットがつきやすいという点から、1番のおすすめは白い車かなと思います。でも黒はとてもスタイリッシュに見えますし、白は車によっては作業車に見えてしまうというデメリットもありますよね。
もちろん一番いいなと思う色を選ぶのが1番ですが、悩んでいる方は参考にしていただけると幸いです。

軽自動車を検討している方必見!おすすめポイントとリスクを考えるこんにちは元ディーラーのたい平(@taipei4644)です。 小さい車を買おうと思った時、コンパクトな乗用車にするか、軽自動車に...
ABOUT ME
たい平
たい平
18歳で就職し、その後一念発起し23歳で美術大学進学。卒業後は介護系の営業職、外車ディーラーで務め、現在はグラフィックデザイナーという不思議な人生を送っております。今までの社会経験を元に、色々なお役立ち情報を綴りたいと思います。